チップチューンと呼ばれる種類のミュージックはまず需要がある?

Chiptune(チップチューンというよむ)という名前の音楽モデルがあります。
とにかく正確には音楽モデルと言っていいのか分かりませんが、
その曲の最も重要な要素としてファミコン~スーファミぐらいのクラスの
いわゆるピコピコメロディーを取り入れてある音楽といった所でしょうか。
まず実にベスト通じるのはファミコンくさい8bit音ですけど。

こういうChiptuneですが、マイナーなモデルと思っていましたが
本当は意外なほどに要求が大きく残るモデルなのかもしれません。
外国プロレスのWWEの入場オーバーで流れて話題になっているのが
ファミコンの『ロックマン』くさい音楽で、
何だかピコピコを表に押し出したChiptuneですからね。
必ずあくまでロックマン『特有』のパロディーっぽい曲であり
自体ではないですけど。

ただし未だにこう言った形で崇敬なるのも、
かつての日本のゲームには正に世界中で気違いが存在するといった
言う実例なのでしょう。
それが誇らしくもくすぐったい反面、チラチラ心配というかうら淋しい物質もあります。

現在の日本のゲーム界やゲームは国を席巻していたかつての時代に見比べたら
あまりにも迫力が薄くなってしまっておる感じがしてならないのです。
まあ、当時が出来すぎだったに関してなのかもしれませんが。プリウスの値引きの最新情報はこちら