意外に魚をさばいて献立が出来る自力を褒めてあげたい

夫人助っ人ちゃんたちという話をしていると、出来そうに見えて意外に魚をさばけないママさんたち多いんです。
おしゃれなお料理、オーブン献立、宴会献立、お菓子等、俺なんかよりもずっと上手に焼き上げるママさんたちが、魚は切り身で買ってくるというのが意外です。
俺は自称、献立嫌いで、ものぐさなのですが、ただ内得意なことが、魚の炊事なのです。
たいてい俺がお婆ちゃん輩だったからでしょう。
ちっちゃなシーンから魚献立がすばらしく食膳にあがっていましたし、お婆ちゃんも、お母さんも魚をさばくのが上手で、俺は一心にその様相を近辺で見ていました。
そうして特別な講話を受けたわけではありませんが、魚をさばけるようになっていたのです。
そのアビリティーが今回、大いに役に立っています。
たとえば、こういうシーズン、秋刀魚が美味しいですが、秋刀魚の刺身を買うとどうにも高いです。
も、自分で秋刀魚を二尾購入します。そうして刺身におろします。
内臓とって骨をはずして(秋刀魚程度の魚では三枚おろしは言わない)皮を引いて、お刺身を造ったら4世間にはなります。
造ったものを買ったら398円とか498円になりますよね。
それを一尾100円程度で自分で刺身を造れたら思い切りお得で鼻が高いです。
他のママさんたちが「秋刀魚の刺身はまだまだおっきいよね」と言っているときに、毎日のように旬の秋刀魚が食べられる事がふと今の自分の特徴だ。スライドドアは便利ですね♪