生姜入りの甘酒を飲んで寒さに対抗するぞ!と意気込んでいるのですが

この前すごい温かいお日様がありましたよね。
12月になったのにこんなにも暖かいんだったら、8月になったら地球が溶けちゃうよとか冗談を言ってたんですけど、
その後なんて急に冷え込んです気がします。
もしや冗談が楽しく無くて寒くなったのでしょうか?

冗談はさておき、ホント寒いですね。
浴びせる風が刺々しいって言うのはやはりですけど、温度が低くなるとともに右腕の職場も氷のように冷たくなって、
なんか既に全身から寒くてしょーがないって感じだ。

右腕が冷えるのは体温が安いからという話を聴きまして、解消するには体温を授ける必要があるのだとか。
その体温成長に効果的なのが生姜ですよ!

生姜を意識的に摂取する結果全身から温められ、体温があがり、右腕も十分に温まれば、チラホラ温度が低くても大丈夫になると言う。

それでぱっぱと生姜を買いこみ、生姜三昧。
ついでに酒かすも買って、砂糖を足して、喜ばしい甘酒の出来上がりだ。
それは良いですよ~、凄い温まります。

甘酒って言うと夏場の季語らしきんですけど、やっぱり冬に飲み込むのがマキシマム美味いか?
甘酒のおかげで徹頭徹尾ポカポカになって、暖房無しでも余裕で過ごせているのですが、気になる業者が仲間だけ。

カロリーが、酷いんですよね。

温まるし、風味も好きだから呑むのは苦じゃないけど、投入した砂糖の分量を思いだすと気がかりだ。
砂糖の代わりにデザートをつけられる小物って言ったら、ハチミツとか黒砂糖時分でしょうか。

けれどもハチミツの甘さってなんかこう、ふわふわしてると言うか、パンやスコーンに貼付状態でつけるとじっくり分かるのに、
液体に投入すると途端にぼやけた風味になるんですよね。
収拾のとれてたデザートたちが、潤いを得た瞬間にてんでバラバラにどっかへ行っちゃう印象。

確実なあま味漬けにはいよいよ上白糖が一番ですなと思うのですが・・・上白糖と同じデザートでカロリーの少ない物を探してみます。参考にしたサイトはこれ