非常に危険な好みがあります。それは一体何でしょうか?

とある人物がとある好みに目覚めたのですが、それはどうしても不幸極まりない好みでした。
その好みは……スイーツリサーチだ。
特別不幸じゃないでしょと思われそうですが、恋人の身内にとっては非常に困難機会だったのです。

因みにとある人物はディーラーの初心者くんですが、近年恋人がディーラーについに手作りスイーツを持ってきて話された詳細がびっくりだったのです。
キャンパス時代にスイーツリサーチに目覚めた恋人は、日雇い代金で毎日のようにスイーツを作っていました。
ただし、当時恋人は大人しい人となりで知り合いも少なかった結果、作ったスイーツをキャンパスにとって出向くということを全般していなかったそうです。
そうして作ったスイーツは恋人の身内が採り入れることになりました。

なんて羨ましい身内だって本来思いますよね。
但し恋人の身内は、奥様は減量につきスイーツを食べない、父さんは甘いものが下手くそ、先祖も同じく甘いものが下手くそので、恋人の作ったスイーツはおそらく当時高校だったの弟君の胃の中に消えました。
恋人本人は食べても太らない慣習らしく、何も話はなかったのですが話は弟君だ。
誠に2年間で15Kgも太ってしまったというのです。
恋人は「私のせいですか?」と言っていましたが、一番そうでしょう。
先々弟君はキャンパスに入学する際に家を出たのですが、すぐに体重が落ちて言うそうです。

身内がスイーツリサーチに酔いしれるってそんな手強いことが……といったビックリストーリーでした。中古車専門店で買取してもらおう!!