どうも超真面目なうちの婿殿ははからずもちょっとヘンかもしれない・・・

昨年結婚した息子。
お先方はハイスクールが同然だったダディーで、だいぶ誠実で嬉しいキッズだ。

我が家にも個々として、ところが、2,3たび来たことがあり、ボクとしても以前から知っていたダディーだったのでラク出来ました。

婚礼の後の披露宴も断じて笑わない婿殿。
こちらの食膳に回って来た時、ふっと
「○○君、ずっと笑って!」
と言ってしまった程度だ。その時も一目ニコッとしただけでした。

無愛想では無いんですヨ。

だが息子に聞くと、家では更に急にふざけたようなことをするそうです。
「あ、ですから披露宴の時笑わなくても、同級生のキッズらはわかってるのね」
といったボクが言うと、
「ううん、ハイスクールの時から独特な雰囲気があって、断じて爆笑とかはしなかった」
というではありませんか!

外での行いの外圧が息子って両者になったときの目的に来るのでしょうか?

「で、〇〇君、どういう状況するの?」
って、聞いたら
「ええ、時として靴下投げて訪れる。」

!?

それはちょっと・・・。

「この間はボクにズボン投げて来て笑ってた。」

ちょっ、少し待ち受けなさい。
ズボン!?

こちらはたまたま息子に言ってしまいました。
「そんなことされたら、ボクなら離婚する!」

履いた後のズボンか綺麗なズボンかは聴き忘れましたが(;’∀’)車査定のおすすめ方法はこれですね。